忍者ブログ
lodrの日常を綴ったブログ

リチウムイオン電池は、今後あらゆる産業で必要とされます。
AIやIOTが身の回りのあらゆる場面で導入されたとしても、実質そのハード動かすものは電気です。
そして波動を動かすためにどうしても必要になるのが大きさが異なったリチウムイオン電池になってきます。

例えば、EVを動かすためのリチウムイオン電池もあれば、スマートメーターに取り付けるための小型のリチウムイオン電池も必要になってきます。
また、当たり前のことながら皆さんが手元から話せないスマートフォンのリチウムイオン電池がなければ稼働しません。

あらゆる産業で新たな開発が行われるたびに、リチウムイオン電池を製造しているメーカーの株価が上がっていくことが傾向として顕著です。
要するに、新たな需要が生まれればリチウムイオン電池が必要になるからです。

これから、どんどんIT化が進むにしても、身の回りでハードがある限りはリチウムイオン電池の寿命が尽きることはありません。
むしろ、様々な形を変えてリチウムイオン電池が必要とされるでしょう。

それだけに今からリチウムイオン電池の世界でのシェア争いはさらに激しくなります。
いずれのメーカーがイニシアチブを握るのか今から見極めて、その企業への投資をする事は非常に有効だと思います。

■株初心者のためのサイト
株をはじめるならこちら
PR

誰でも大切に乗ってきたバイクを少しでも高く売りたいと考えると思います。
そんな時に、売るには大きく分けて2つの方法があります。

1つは自分でオークションやフリマアプリに出品して売る方法、もう1つは専門業者・中古販社に売って貰うことです。
両者にはどちらにもメリット・デメリットがあるのでここで少しご紹介したいと思います。

自分で売る方法のメリットはずばり自分で好きな値段に設定できるところです。
どうしても専門業者に売りに行くと自分の納得する価格で売ることは難しいです。
その点、自分で売る方法を取れば自分の納得出来る値段で売ることが出来ます。これが最大のメリットです。

一方、デメリットは当事者間の売買でトラブルが多いことです。
例えば、販売した後の故障でクレームがありトラブルに発展するケースが多いそうです。

専門業者に売るメリットは、売ってしまえばトラブルにほぼほぼならないことです。
相手もプロの業者ですから、粗悪な製品はそもそも売ることが出来ないのでトラブルには巻き込まれません。
※中には悪質な業者もいますのでお気を付けください。

デメリットは買い取って貰えないことがある場合です。
上記の話に繋がりますが、プロの業者は査定が厳しいです。自分の思っているより高く売れないケースが多々あります。
両者のメリット・デメリットを天秤にかけながら愛車を売却して頂きたいと思います。


長く、暑い夏が終わろうとしている時、冬を迎える時などに必ず起こる問題として女性が気をつけなければいけないのが、肌荒れですよね。夏の間は調子の良かった肌も秋になって粉が吹く、赤く腫れる、ニキビが出来やすくなったなどたくさんの問題が出てきます。

その問題の全てを経験したであろう私ですが、季節の変わる時期に特に気をつけて取り入れた肌対策があります。続ける事早3年、年間を通して肌の状態は常によく、残業など肌にとってはなかなかよろしくない事が続いてもすぐに回復出来る免疫のようなものが付いている気がします。

対策は、1にも2にも保湿です。体中保湿を忘れずに保つ事です。特に顔は24時間保湿と考えていいと思います。下着や服を覆って肌を守られている体とは違い顔は常に外気に触れるわけですから体以上にケアを重視しないといけません。季節の変わり目の前後2週間は特に化粧水とたっぷりの乳液で保湿をして下さい。

朝のケアとして、日焼け止め、下地を塗る前にたっぷりと保湿をして、出来ればフェイスパックが出来たら最高です。その後に塗るファンデーションが少量で済みますよ。夜はとにかくこれでもかというくらいの化粧水と乳液、そして必ずオイルやクリームで肌に蓋をしてあげてから就寝して下さい。簡単ですし、毎日ではなく季節の変わり目に特に気をつけているだけでいいので大変さも少ないですよ。始めてから年間を通して肌に自信が持てるようになりました。

昨日はストロベリームーンという赤っぽい月が見られる日だった。しかし、こういう天体ショー的なものが見れると騒ぐとたいがい天気が悪くなる。昨日は、九州地方で集中的豪雨。全国的にも荒れた天候のところが多かった。特にひどい雨が降ったのが、震災被害のあった熊本。一時間に150ミリの雨が降ったとのこと。これは国内観測史上4位の強烈な雨だった。土砂崩れなどの影響で4人の方が亡くなった。

話を戻してストロベリームーンの話だが、ストロベリームーンを見ると幸せになれるという言い伝えがあるらしい。昨日のウチの天気は曇りで月がどこにあるのかさえ分からなかった。幸せを掴めなかったようでちょっとへこんだ。

以前もスーパームーンというのがあったがその時の天気は雨で月が見れず。毎年七夕は決まって天気が悪い。なかなか見れない天体ショーが天候のせいでさらに見れない。

でも自分が小さな時は、インターネットさえなくて天候が悪いとそれでおしまいでしたが、最近は、天体ショーがあれば誰かがネット上に上げてくれるのでどんなものだったのかリアルに見れなくてもすぐに画像で観測できます。これで少しでも幸せが掴めたらなと思っています。


数年前、全然乗っていなかったバイクを売ろうと思い、当時テレビでバンバンCMを打っていた「バイク王」に依頼した時の話です。

電話して程なく、買取査定にやってきたお兄さんは物腰の柔らかそうな雰囲気で、「それではこの子の査定を始めさせて頂きます」と言ったのです。私は最初、ちょっと引いてしまいました。「ここは体育会系ノリの会社で、変な規律規則で言わされてるだけじゃないのか…。」と疑ったのです。

しかし、1月の小雪舞う寒空の下、査定は1時間近くに及びました。お兄さんの表情は逐一真剣で、バイクに対する愛情を感じました。既にバイクに興味をほとんど失い、こんなのサッサと売ってしまえばいいやと思っていた自分がちょっと恥ずかしくなってしまいました。

査定の基準も非常に事細かに説明してくれ、あまり高く買い取れないことを非常に申し訳なさそうに詫びてくれました。買い取り金額云々より、私は彼の仕事態度に感服してしまい、「頼んで良かった、本当のバイク好きのプロ仕事が見られた」と思いました。バイクに乗り始めた頃の喜びの気持ちが蘇ってきました。

現在金銭的な問題で原付きしか乗っていませんが、また必ず中型以上のバイクを購入したいと思っています。バイクに対する情熱を今も燻らせ続けられるのはこの買い取りお兄さんのお陰だと思っています。