忍者ブログ
lodrの日常を綴ったブログ
数年前、全然乗っていなかったバイクを売ろうと思い、当時テレビでバンバンCMを打っていた「バイク王」に依頼した時の話です。

電話して程なく、買取査定にやってきたお兄さんは物腰の柔らかそうな雰囲気で、「それではこの子の査定を始めさせて頂きます」と言ったのです。私は最初、ちょっと引いてしまいました。「ここは体育会系ノリの会社で、変な規律規則で言わされてるだけじゃないのか…。」と疑ったのです。

しかし、1月の小雪舞う寒空の下、査定は1時間近くに及びました。お兄さんの表情は逐一真剣で、バイクに対する愛情を感じました。既にバイクに興味をほとんど失い、こんなのサッサと売ってしまえばいいやと思っていた自分がちょっと恥ずかしくなってしまいました。

査定の基準も非常に事細かに説明してくれ、あまり高く買い取れないことを非常に申し訳なさそうに詫びてくれました。買い取り金額云々より、私は彼の仕事態度に感服してしまい、「頼んで良かった、本当のバイク好きのプロ仕事が見られた」と思いました。バイクに乗り始めた頃の喜びの気持ちが蘇ってきました。

現在金銭的な問題で原付きしか乗っていませんが、また必ず中型以上のバイクを購入したいと思っています。バイクに対する情熱を今も燻らせ続けられるのはこの買い取りお兄さんのお陰だと思っています。
PR

若い頃に出来るニキビを思春期ニキビといいます。成人になってから出来るニキビを大人ニキビと言います。同じニキビでも性質が異なっていて、当然対策も異なってきます。また、男性と女性によっても性質が異なり対策に違いがあります。

最初に、大人ニキビの原因と言われているものをあげると、男女共通で言われているのが睡眠不足や生活習慣の乱れや日々忙しい仕事などからくるストレスです。これらからくるニキビの対策としてあげられるのはやはりその2つの改善です。しかし、無理に改善しようとするとそれが更なる生活習慣の乱れやストレスとなってしまう場合もあります。無理のない範囲で生活習慣を整え、たまには自分がリラックスできることで息抜きをしてストレスを発散するなど心掛けましょう。

男女共通ではなく女性特有のニキビの場合は、化粧品が原因になっている可能性があります。その場合、やはり化粧は控えるという事が大切です。全く化粧をしないということが不可能であれば、今使っている化粧品を変えたり、敏感肌用など刺激の少ないものに変えたりするだけでもニキビが改善されたという人はいます。

このような対策でも変化がない場合は、皮膚科でお医者さんに相談してみるのもひとつです。ニキビで皮膚かなんて大げさなとも思われるかもしれませんが、大人ニキビの原因は複雑です。長期間にわたって治らないことも多いと言われています。

私のニキビの悩みは背中ニキビです。背中は自分では見えにくい場所なので、気がつきにくいですしケアもしずらく、私は長年この背中ニキビに悩まされてきました。

背中ニキビは、ついつい自分からは見えないからこそケアがおろそかになってしまい、中々完治する事がありませんでした。また、寝る時や椅子に座る時に仰向けになったり、背もたれを使用するとどうしてもニキビと触れてしまい、痛みや痒みを感じてしまいとても苦痛でした。

私の場合はその時に無意識に掻いてしまう時があり、その時に患部に当たると何とも言えない激痛が走っていました。そんな私が背中ニキビ改善の為に行ったケア方法は、少し抵抗はありましたが背中をボディソープで洗わないという事です。

正確には水洗いのみにとどめ、擦る事もひかえました。水のみでなるべく優しく洗う事を心掛けました。ボディソープは人によってはどうしても刺激が強くなる場合があり、余分な油分まで落としてしまい、それが背中ニキビの原因となります。

私がこの方法を試して、二週間程でかなり背中ニキビは改善しました。一ヶ月経つ頃にはボディソープで洗う事も出来るようになり、今ではバランスよく水洗いと交互に行っています。まず洗い中にも特に問題無かったのでオススメです。

以前に一度だけ中古バイクを購入したことがあります。中古バイクは前オーナーの乗り方に状態がかなり左右されるため、かなり慎重に選びました。

まず実際に試乗し、乗り心地をチェックしました。アクセルやブレーキ、それにクラッチの具合はある程度調整できるものの、大きなアライメントが必要なものは後々大変だと思い、自分好みのものを時間をかけて選びました。

また自分が気に入った中古バイクはかなり改造されていました。マフラーやウィンカーは交換されており、本来は付いていないはずのタコメーターが取り付けられていました。このような改造車は購入直後のトラブルに対して販売店が対応してくれないこともあります。実際自分がこのバイクを購入したバイクショップは改造車に対しての保障はそうでないものに比べるとかなり限られていました。そのようなこともあってトラブルが起こりそうにない、程度のよいものを見つけることに努めました。

時間をかけて探したこともあって、この中古バイクは当たりでした。何のトラブルもなく長年乗ることができたのです。実際に何件ものバイクショップに足を運び、何台ものバイクに試乗したのが、程度のよい中古バイクを見つけるキーポイントだと感じました。

インターネットで「ハーレーダビッドソン 評判」で検索すると、
むしろネガティブな話のほうが多く検索されます。
・排気音が一定でないのでエンジンの調子がよく分からない。
・バックギアが付いていない。
・非常に故障が多い。
・無駄にデコラティブで装飾的などなど。

アメリカでバイクに乗る人はほとんどが日本車、という話もあります。
しかし、ハーレーダビッドソンは、
そういうこともすべて含めて「世界観」として受け入れることが、
その魅力を理解することにつながります。

排気音が一定でなく走らなければエンジンの調子がわからないのは、
走りながら自分のハーレーと会話をしている気になって、
得も言われぬ親近感を抱くことにつながりますし、
故障が多いのもやんちゃで手のかかる子供がいるような感じで、
これもまた手が離せない、という感じになります。

そもそも、ハーレーダビッドソンの世界観は、
「やんちゃで、ロッカーで、チョイ悪おやじ」という感じなので、
そういう風に自分の人生を彩りたいという人にとっては、
それがたまらない魅力なのです。

あえて「チューンダウン」してエンジンを古くしてしまう人もいますし、
必要以上に装飾を付けてデコラティブにしてしまう人もいますし、
速く走ることが目的ではなく世界観を楽しむことが目的なので、
公道でも実にゆっくりと走る人たちがいます。
そういう世界観に浸りきることこそハーレーダビッドソンの魅力であり、
だからこそ人はハーレーを選ぶのです。