忍者ブログ
lodrの日常を綴ったブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


野球中継を見ていて気になったのですが、
最近の野球中継ってピッチャーが投げた直後に球種が表示されますよね?
そもそも誰が瞬時に球種を判断しているかも気になりますが、
ストレートやスライダーは分かるけど「ツーシーム」って何?
少なくとも私が野球少年だった20年前には無かった球種です。

スローで投手が投げた球の軌道を見てみると、
若干ですが打者の手元で変化しているのが確認できます。
いったい何なのかを調べてみると、
通常のストレートと同じ投げ方でボールの縫い目に沿って握って投げるんだそうです。
変化球というよりチェンジアップに近いのかな?

昔はプロでも直球とカーブしか投げられない投手が活躍していましたが、
その後スライダーやシンカーなどスピードが落ちない変化球が当たり前になり、
ついにはストレートと同じ投げ方で軌道も変わらない球種が必要になったらしい。
それほど打者の変化球に対応する技術が高くなったのだろう。
大きく変化する球種よりバットの芯を外す小さく鋭い変化が有効なようだ。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック