忍者ブログ
lodrの日常を綴ったブログ
数年前、全然乗っていなかったバイクを売ろうと思い、当時テレビでバンバンCMを打っていた「バイク王」に依頼した時の話です。

電話して程なく、買取査定にやってきたお兄さんは物腰の柔らかそうな雰囲気で、「それではこの子の査定を始めさせて頂きます」と言ったのです。私は最初、ちょっと引いてしまいました。「ここは体育会系ノリの会社で、変な規律規則で言わされてるだけじゃないのか…。」と疑ったのです。

しかし、1月の小雪舞う寒空の下、査定は1時間近くに及びました。お兄さんの表情は逐一真剣で、バイクに対する愛情を感じました。既にバイクに興味をほとんど失い、こんなのサッサと売ってしまえばいいやと思っていた自分がちょっと恥ずかしくなってしまいました。

査定の基準も非常に事細かに説明してくれ、あまり高く買い取れないことを非常に申し訳なさそうに詫びてくれました。買い取り金額云々より、私は彼の仕事態度に感服してしまい、「頼んで良かった、本当のバイク好きのプロ仕事が見られた」と思いました。バイクに乗り始めた頃の喜びの気持ちが蘇ってきました。

現在金銭的な問題で原付きしか乗っていませんが、また必ず中型以上のバイクを購入したいと思っています。バイクに対する情熱を今も燻らせ続けられるのはこの買い取りお兄さんのお陰だと思っています。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック